最近のオペラ鑑賞

最近は,相変わらずオペラばっかり。DVDやCDを買ったり,BSの録画をしたりして貯めたものを繰り返して観ている。取りあえず,最近観たものの感想,印象を書き留めておく。初めてオペラを観た者の戯言ですのであまり真面目にとらないで。

モーツァルト 歌劇「魔笛」
DVDで,レヴァイン指揮ウィーン・フィルの1982年ザルツブルクの映像。このオペラ,今ひとつ入り込めない。筋がめちゃくちゃなのは我慢するとしても,なんか,説教くさくてイライラする。音楽自体も他のオペラ(フィガロとかドン・ジョヴァンニとか)と比べて,深みに乏しいような気が…。夜の女王のアリアだけは,楽しい。
そう言えば,モーツァルトのダ・ポンテ三部作は,どれも一番最後の曲が,みんな勢揃いして早口で説教をして終わるんだけど,そういう時代だったのかな。
CDでアバド指揮のヨーロッパ室内管のもの。スリムな音楽造りは新鮮だが,CDだと台詞部分が長く感じて疲れる。
この作品には,しばらくしたらまたチャレンジしてみます。

ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」
やはり,オペラを聴くからには,「指環」は聴いておかないと,と思い,無謀かと思いつつ,ブーレーズ指揮バイロイトのDVDを購入。これは面白かった。モーツァルトと違い,歌える「歌」がない,レチタティーヴォがないのが,なるほど,オペラはこうして進化していったのかと納得。ワーグナーもオペラで聴くと,オーケストラ部分の雄弁さが際立ちます。さて,指環全曲にたどり着くのはいつになることやら。

ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」
これは,NHKで放送していた,メトロポリタン歌劇場の舞台。「ラインの黄金」で自信をもって望んだが,これにはついていけなかった。「前奏曲と愛の死」のメロディがそこここで聴かれるので,最後まで聴き通せはしたが,長い…。
これも,またチャレンジ。

プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」
NHKで放送していた新国立劇場の舞台。日本人のオペラなんて,と勝手にあまり期待していなかったのが正直なところだったが,みんなよく頑張っているんですね。端役の弱さは致し方ないとしても,十分楽しめた。それにしてもプッチーニの音楽,豪華で雄弁。合唱をうまく使いますね。あまり深いことを考えずに声とオーケストラのご馳走に浸れます。ところで,「誰も寝てはならぬ」というのは,こういう場面だったんですね。オペラのアリアの題名が歌詞の冒頭の部分で呼ばれることは馴れればなんてことないのですが,どうしても寝てはいけないことが愛の歌なのか,普通に人にはさっぱりです。それにしても,歌えたら気持ちいいだろうな…。

プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」
ディアゴスティーニから2000円でおつりが来る,私のような初心者には実に嬉しい企画があって,その中にあった2004年のヴェローナの舞台。オーレンという人が指揮。これもそれなりに面白かったが,主役の蝶々夫人の比重が多きすぎるのと,話の筋が単純なところが個人的には少し物足りない感じ。プッチーニの音楽は相変わらず雄弁。終幕で,蝶々夫人が自刃する前にティンパニが連打されるところなんて,まさにこうこなくっちゃ,という感じです。

プッチーニ 歌劇「マノン・レスコー」
NHKで放送されたメトロポリタンの舞台。これ,どうなんでしょうか。プッチーニの出世作ということですが,「蝶々夫人」や「トゥーランドット」に比べると,ちょっと落ちるような気が…。今ひとつ楽しめなかった。

ブリテン 歌劇「ピーター・グライムズ」
これもNHKで放送されたメトロポリタンの舞台。これはもの凄い怖いオペラだ。もの凄い感銘を受けたのだが,見返すのも怖いくらい。群衆から疎外されてどんどん追いつめられていく主人公。民謡風の歌を群衆が次々と歌い出していくあたりなど,背筋が凍り付く。ブリテンの音楽は,なんかお高くとまっている感があって,これまでは馴染みきれない部分が多かったが,やはりこの人もオペラの人か。音楽が驚異的な表現力を持っている。

| | Comments (39) | TrackBack (0)