« July 2009 | Main | November 2009 »

モーツァルト「コシ・ファン・トゥッテ」

モーツァルト 歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」

いわゆるダ・ポンテ三部作の最終作。私の周囲でも,モーツァルトのオペラと言えば「コシ」という意見が多く,極めればここにたどり着くらしい。早速聴いてみたが,何と言っても重唱の美しさに彩られたこの上なく上品な音楽。ドン・ジョヴァンニが少し狙い気味なのとは対照的。話の筋は,スワッピング・ゲームという必ずしも大人しいものではないのだが,登場人物は何故か基本的に穏やかな人たちばかりで,ドラマチックな場面は少ない大人のオペラ。それと元ホルン吹きとしてどうしても気になるのは,後半,フィオリディリージのアリア(ロンド)のところでホルンに要求される超絶技巧。協奏曲よりもはるかに難しいパッセージが何度も出てくるが,一体誰が吹くことを想定していたのだろうか。

Photo_7映像で観たのは,「魅惑のオペラ」シリーズのムーティが指揮するスカラ座の舞台。音楽の美しさをそのまま映像化したような雰囲気。ムーティの音楽も過不足なく楽しめる。                                                                                                                                                                                      
Photo_4CDで聴いたのは,まずはド・ビリー盤。若さ溢れる元気いっぱいの演奏。このオペラの上品さは,若干後退しているが,これはこれで一貫していてよい。                                                                                                                                                                                                                                                                  Photo_5それから,クイケン盤。古楽器演奏だが,比較的遅めのテンポの中,じっくりと落ち着いて聴かせてくれる演奏。歌手陣も充実しており,アンサンブルのバランスもとてもよい。                                                                                                                                                                        

Photo_6実は,圧倒的な感銘を受けたのは,マッケラスのChandos盤。オペラ・イン・イングリッシュ・シリーズの中の最新録音(2007年)で,当然,英語歌唱なので,おそらく一般的には英語圏以外では見向きもされないのかもしれないが,NMLにあったので聴きかじったところ,その豊かな音楽に一発でやられてしまった。これも古楽器使用だが,透明感の高い鮮烈な響きと活き活きしたリズム。オーケストラと歌唱陣の響きの絡みが絶妙。完璧です。

| | Comments (61) | TrackBack (0)

シュタイアーのモーツァルト

Photo_3モーツァルト 転調するプレリュードKV 284a ピアノ連弾ソナタKV.358 転調するプレリュードKV deest カデンツァ KV.624(626a) パイジェッロの歌劇『哲学者気取り』の『主に幸いあれ』による6つの変奏曲KV.398 前奏曲とフーガ ハ長調 KV.394 (383a) ショルンスハイムとシュタイアーによる即興演奏 ピアノ連弾ソナタKV.381 6つのドイツ舞曲KV.509(ピアノ連弾編曲版)
シュタイアー,ショルンスハイム(fp)
Harmonia mundi HMC901941

ハープシコードとフォルテピアノを組み合わせたという何とも不思議な楽器を使ったモーツァルトの4手作品集。解説に写真が入っているが,ピアノが向かい合っている奇妙な設計。2人で向かい合って連弾ができるという趣向なのだろう。モーツァルトもこの楽器に興味を示していたというから,全くのトンデモというわけではない。

肝心の楽器の音色だが,基本的にはハープシコードが音量的に優位で,音楽的も主導権を握っているよう。そこにフォルテピアノの柔らかい音色が時々前面に出て味付けを行っている感じ。映像があればもっと面白いと思うのだが,耳で違いを追っていくのも少し疲れるが面白い。

収録曲の中では,プレリュードがいくつか入っているが、これはモーツァルトの即興演奏を書き留めたものということだ。当時の即興演奏の雰囲気が分かるのが興味深い。他は,いずれも軽く短めの作品が集めてあって,モーツァルトの肩の力の抜けた音楽が楽しめる。

| | Comments (72) | TrackBack (0)

モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」

モーツァルト 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

フィガロに続いて観たのは,「ドン・ジョヴァンニ」。フィガロに比べて,登場人物のキャラが立っていて分かりやすいし,各場面も劇的な部分が多く,起伏に富んでいる。その分,繊細さ,細やかさでは,フィガロに一歩譲るような気もするが,それでもきちんと音楽を聴いていくと,やはり考え尽くされている(としか思えない)天才的な流れ。

登場人物で興味深いのは,オッターヴィオ。真面目に歌えば歌うほど,どんどん滑稽に見えてくる。はじめにアンナと復讐を誓っておきながら,成り行きにまかせようとか,当局に訴えようとか,自分では何にもせずに,最後はドン・ジョヴァンニの死を自分の手柄のように高らかに歌い上げるや,ドン・アンナからは振られてしまう(結婚を1年待つなんてことになっているが,1年後に結婚するとは私には考えがたい)。

PhotoDVDで観たのは,レヴァインが指揮するメトの舞台。メトの舞台はとかくオペラファンからは馬鹿にされているような印象があるが,その意味がよく分かったような気がする。健康的なレヴァインの音楽,ひねりのない豪華な舞台装置,初めてオペラに接する立場からすると,とても楽しめるのだが,要するに問題意識,創造性をほとんど感じさせないということだろう。でも,これはこれでいいもの。このDVDは,歌手が粒ぞろいでレベルが高いし,歌手達も束縛がないためか,思う存分に楽しそうに演技をしていて,観ていても気持ちいい。

Photo_2CDで聴いているのは,激安ボックスのド・ビリー盤。エッジの効いたクリアで元気のある音楽で,レヴァインののどかな音楽作りとは一線を画す。歌手陣にも不満がない。でも,この音楽とメトの舞台はおそらく似合わないんだろうな。映像のないCDのオペラの聴き方も楽しい悩みどころ。

| | Comments (340) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | November 2009 »