« May 2009 | Main | September 2009 »

モーツァルト「フィガロの結婚」

モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」

実は、ここ数ヶ月、モーツァルトのオペラばっかり聞いている。声楽をやっている方とお話しする機会があって、「オペラって何が面白いのかさっぱり分からん」と文句を言っていたところ、「つべこべ言わずに『フィガロ』を徹底的に聴け」と言われ、「おう、それなら聴いてやる」と、早速、店頭にあったCDとヤマハに並んでいた対訳本を購入して、聴き込みはじめたのが4月のこと。はじめのうちは、何言っているのか分からない外国語の歌はやっぱり退屈だな、と思っていたが、歌詞の意味と音楽とが身体に染みついてくるぐらい聴き込んでいくと、なんだ、これはめちゃくちゃ面白いじゃないか、モーツァルトの器楽曲なんてこれに比べればゴミみたいなものじゃないか、とまで思ってしまうほどはまってしまった次第。以来、遠出の車の中では大音量でアリアを聴き、東京出張の新幹線では、コンセントのあるN700系窓側席を確保し、隣席の視線を無視して行きも帰りもオペラのDVDを見続けるという、生活を送っている。

Hmv_2552454はじめに購入したのは、店頭の一番目立つところにおいてあった、アーノンクール盤のCD。あまり私と相性のよくない指揮者で、ここでも冒頭の序曲の気持ち悪いリズムに「失敗したか」と思ったが、そこから先は濃厚な表情付けも悪くなく、ウィーン・フィルの柔らかい響き、歌手のレベルも高く、大変立派な演奏。

Hmv_3522160次に購入したのは、アーノンクールと対照的なものを、と思い、値段の安さにも惹かれたマッケラス盤。キビキビとした快速の演奏で、ドタバタ喜劇の感じがよくでていて、これもいい。歌手たちは、アーノンクール盤と比べると皆軽めな印象だが、指揮者の方向とマッチしている。

714それから、これも徹底して安かった、ド・ビリー盤も購入。マッケラス同様、快速系の演奏だと思うが、少し上品なマッケラスに比べて、いい意味で荒々しく、これはこれで元気でよい。歌手については、誰が歌っているのか書いていないという酷い扱いで、中堅どころが歌っているようだが、みんな楽しそうで十分なレベル。

933声楽家さんからは「映像よりもCDで聞いた方がよい」と言われていたが、どうしても音だけではよく分からない箇所(第4幕、伯爵がケルビーノを殴ってフィガロがとばっちりを食う?)などがあり、またどうしても映像も見たくなって選んだのが、パッパーノ盤。これもエネルギッシュな舞台で面白い。CDだと脇役感があるバジリオやバルトロなども存在感がある。

ということで、しばらくオペラに浸かってみることになりそうです。

| | Comments (472) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | September 2009 »