« February 2009 | Main | May 2009 »

オイストラフのウィーン・ライブ(モーツァルト,ショスタコーヴィチ)

Orfeor736081モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番 ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲第1番
オイストラフ(vn) ムラヴィンスキー指揮 レニングラード・フィル
ORFEO DOR ORFEOR736081

21世紀にもなってこんなものが見つかるのだから,何とも不思議なもの。1956年のムラヴィンスキー・ウィーン公演のライブ。

まずは,モーツァルト。実は私は,ムラヴィンスキーのモーツァルトを偏愛しているのだが,はっきり言ってまともな録音状態のものが少ないので,こうした協奏曲の伴奏も貴重。きちんとしたテンポ感を刻みながら,きびきびと音量や表情を出し入れしていく様はムラヴィンスキー・マジックとしか言いようがない。オイストラフの輝かしい音色は,言わずもがな。最上級のモーツァルト。

そしてショスタコーヴィチ。これについては,同年の同じコンビのメロディア・スタジオ盤が語りつくされている感があって,今回の演奏もほぼ同じ内容(ライブだけあって,カデンツァなどは一回り熱いし,フィナーレは恐ろしく速い)で,最強の演奏であることは言うまでもない。録音の鮮明さはこちらの方が上で,オイストラフの音色の豊かさを堪能できるが,メロディア盤に比べて暖かめな音とソロのクローズアップが少し過度に感じられる点で,好みが分かれるか。メロディア盤の音割れまでが愛しいほど刷り込まれてしまっている私のような人種にとっては,断然メロディア盤を取りたいが,これは参考にしてはいけない意見。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボッケリーニ五重奏団のボッケリーニ

Enycd9703ボッケリーニ 弦楽五重奏曲ヘ長調op.20 no.3 ニ長調op37 no.2 ニ長調op.50 no.2「ファンダンゴ」 小五重奏曲op.30 no.6「マドリッドの夜の音楽」 メヌエット(五重奏曲op.13 no.5より)
ボッケリーニ五重奏団
ENSAYO ENY-CD-9703

時々利用させていただくアリアCDさんが強力にお勧めしていたので購入したもの。

何よりも生気に溢れたボッケリーニ。ワシャワシャと会話をしているような5つの楽器の対話。演奏者についてはよく分からない。現代楽器による演奏で,野太く力強い音色で,思うがままに演奏している感じだが,地に足がついており,常にこの編成(vn2,va,vc2)で演奏しているためだろう,響きが充実しており安心して聴けるし,何かこちらが元気をもらうような感じすら受ける。特に,パストラル楽章の実に幸せな気分。普通の(?)弦楽五重奏曲2曲に,「ファンダンゴ」と「マドリッドの夜の音楽」に,いわゆる「ボッケリーニのメヌエット」を加えた選曲も良く,ボッケリーニを聴くならまずこれ,とお勧めしたくなる1枚だ。

| | Comments (58) | TrackBack (0)

ヨハンセンとクヴァンダルのピアノ協奏曲

Psc1234ヨハンセン ピアノ協奏曲 「パン」 クヴァンダル ピアノ協奏曲
ギムセ(p) エッゲン,ルード指揮 オスロ・フィル
Simax PSC1234

ヨハンセン(1888-1974)とクヴァンダル(1919-1999)と聞いて,すぐに親子だと分かる人は相当重症な北欧音楽マニアでしょうか。20世紀ノルウェーを代表する作曲家親子のピアノ協奏曲を1枚にカップリングしたsimaxの新譜。

ヨハンセンのピアノ協奏曲は,1950年代に作曲され,ノルウェーでは比較的良く知られた作品となっている。第1楽章は,祝祭的な冒頭の主題が印象的な華やかな楽章。第2楽章は,中間部のピアノの力強い響きが印象的。第3楽章は,プレスト。民謡風の主題や第1楽章の主題も絡み合い盛り上がっていく。「パン」は,1930年代に作曲されたヨハンセンの代表作の1つ。ドビュッシーあたりのフランス音楽の影響を濃厚に感じさせる。

クヴァンダルのピアノ協奏曲は,1998年に完成したもの。翌年の1999年に亡くなってしまうクヴァンダルの最後の作品。最後の作品らしい思わせぶりなところはなく,いつもの元気なクヴァンダルの音楽。第1楽章は民謡を基調とした力強いアレグロ楽章。第2楽章は,夢を見るような美しい緩徐楽章。冒頭の長いテューバ・ソロは珍しい。第3楽章は,激しいトッカータ。80歳の老人が書く音楽とは到底思えない圧倒的な推進力。

年をとっても激しいピアノ協奏曲を書いた点では親子共通だが,コスモポリタン的なヨハンセンに対して,よりノルウェー的なクヴァンダル,といったような比較も面白い。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | May 2009 »