« センペのクープラン | Main | リンデの管弦楽曲集 »

ファッコの協奏曲

Untitledファッコ 協奏曲集Op.1”和声復興への考察“(全曲6曲)
ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲 ト短調 RV.157

フェデリコ・グリエルモ(Vn&指揮) ラルテ・デ・ラルコ

DHM箱の18枚目。

ジャコモ・ファッコ(1676-1753)は,ヴィヴァルディと同世代のイタリア・バロックの作曲家。スペインの宮廷を中心に活躍した人ということだ。ここに収められている6曲の協奏曲は,ヴィヴァルディ風のヴァイオリン独奏協奏曲なのだが,合奏協奏曲の雰囲気も色濃く残っているのが特徴で,独奏と伴奏の掛け合いだけでなく,伴奏の中の掛け合いも楽しめる。正直,ヴィヴァルディよりも一回り面白い曲に仕上がっていると思うのだが,どうだろうか。グリエルモの演奏もとても良いと思う。柔らかい弦の音色が曲とマッチしていて,独奏と伴奏のバランスもうまくとれていると思う。

|

« センペのクープラン | Main | リンデの管弦楽曲集 »

1 古楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ファッコの協奏曲:

« センペのクープラン | Main | リンデの管弦楽曲集 »