« 鉄道のリズムに乗って | Main | 17世紀のチェロのための作品集 »

スペイン・バロック

11アントニオ・デ・リテレス Seguidillas Los Elementos El estrago en la fineza o Jupiter y Semele セバスチャン・ドゥローン Veneno es de amor la envidia El impossible mayor en amor le venze Amor 作者不詳 Ruede la Vola Discurso de ecos Cancion Franzesa Diferencias sobre la gayta
エドゥアルト・ロペス・バンゾ(指揮&cemb) アル・アイレ・エスパノール

DHM箱の11枚目。スペインのバロック時代の曲を集めたという面白い企画。リテレス(1673-1747)は、スペインやポルトガルの宮廷で活躍した作曲家。ドゥローンについては、情報がないが、同じ頃に活躍した人だろうか。

アルバムの副題が"Ay Amor"-Zarzuelasとなっていて、つまりサルスエラ集という企画。サルスエラというのはスペイン版オペレッタのようなものらしく、バロック期に成立して、紆余曲折あるものの現在もスペインでは親しまれているということである。ここの収められた曲も、いずれも2分~3分程度の短くて、心地よいメロディの気軽な歌曲。曲によっては通奏低音がギターでカスタネットが大活躍したりと、民族色も強い。古楽と(当時の)流行歌と民族音楽が合わさったような感じ。演奏の質が非常に高く、文句なしに楽しめる1枚。

|

« 鉄道のリズムに乗って | Main | 17世紀のチェロのための作品集 »

1 古楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スペイン・バロック:

« 鉄道のリズムに乗って | Main | 17世紀のチェロのための作品集 »