« リンデの協奏曲 | Main | ヴァインベルクの交響曲第4番,第6番 »

リスレヴァントの新音楽

Ecm_476_3049リスレヴァント Nuove musiche
ロルフ・リスレヴァント・アンサンブル

リスレヴァントは、サヴァールのアンサンブルでも主要な役割を果たしているリュート奏者だが、このたびECMから変わったアルバムを出した。もっとも、この人、古楽一辺倒の人ではなく、昔から他のジャンルとの行き来のある人のようだ。

このアルバムは、16世紀のイタリア・バロックを現代風にアレンジしたというコンセプトに基づくもの。編成は、基本的には古楽器アンサンブルによるもので、時々娘サヴァールの声が加わる。奏者の腕は一流だし、考えられた配曲もよく、とても気持ちよく聴けるアルバムだ。ただ、やはり「今風」になっていて、なんかありがちな音楽になってしまっているような感じもなくはない。楽しく聴けるので文句はないが、これまで聴いたこともないような音を期待するとはぐらかされる。

ちなみに、原曲として使用された曲の作曲家は次の通り。
Giovanni Girolamo Kapsberger(1575-1661)
Domenico Pellegrini(1610-1662)
Alessandro Piccinini(1566-1638)
Luys de Narvaes(1500-1555)
Girolamo Frescoboldi(1583-1643)
Bernardo Gianoncelli(fl 1650)

|

« リンデの協奏曲 | Main | ヴァインベルクの交響曲第4番,第6番 »

1 古楽」カテゴリの記事

Comments

Thank you a bunch for sharing this with all folks you actually recognize what you're speaking about! Bookmarked. Kindly additionally discuss with my website =). We may have a hyperlink exchange contract among us

Posted by: تداول عملات | December 20, 2014 04:45 AM

Quality articles is the crucial to interest the viewers to visit the web page, that's what this website is providing.

Posted by: ادارة محافظ عملات | February 04, 2015 01:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リスレヴァントの新音楽:

« リンデの協奏曲 | Main | ヴァインベルクの交響曲第4番,第6番 »