« ナクソスのボリチャイ | Main | プラジャークのベートーヴェン1 »

アンチェルの我が祖国

8590236029224スメタナ 我が祖国(全曲)
アンチェル指揮 チェコ・フィル

いつもお世話になっているアリアCDさんの昨年のベスト10の中にあったので気になって買ったもの。「我が祖国」と言えば、私もクーベリックの復帰ライブに涙し、その後の日本でのライブのチケット争奪戦に敗れ、再び涙したことが思い出される(代わりに聴きに行ったビエロフラーヴェクも良かったけど)。

この演奏は、1968年のプラハの春でのライブ。当時の情勢について言えば、1968年1月に改革派のドプチェクが書記長に就任、4月に同じく改革派のシクが副首相に党大会で選ばれ、6月には有名な「二千語宣言」、そして8月にソ連軍、ワルシャワ条約機構軍によるプラハ軍事侵攻という時期である(そしてこの後アンチェルは亡命)。1968年5月の「プラハの春」音楽祭が、特別な意味を持っていることは言うまでもない。

しかし、この演奏からは、祝祭的な気分はあまり感じられない。むしろ、いつものアンチェル以上に、厳しい音楽だ。曖昧なところ、いい加減な部分は一切ない。スコアの全てを見通し、それを完璧に音にしていく。チェコ・フィルも恐ろしいまでに一糸乱れぬ強靭なアンサンブル。当時のプラハが自由化の波の中で浮かれ気分であることに対し「そんなに甘いものではないぞ」と警告を発するかのように引き締まった演奏を披露するアンチェル…なんていうのは想像のしすぎだが、そんなことも考えさせる演奏である。全6曲、一本の鉄の棒が通っているかのように、強い意志に貫かれた演奏。あまり気軽に聴けるものではないが、歴史上の事実とともに、記憶に残されるべき演奏であろう。

録音状態が、もうひとつなのが残念。録音が残っているだけでも有り難いのだけど。

|

« ナクソスのボリチャイ | Main | プラジャークのベートーヴェン1 »

3 ロマン派(除・北欧、ロシア)」カテゴリの記事

Comments

I know this web page presents quality based content and extra data, is there any other website which presents these kinds of things in quality?

Posted by: injustice gods among us hack for free | February 03, 2015 07:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アンチェルの我が祖国:

« ナクソスのボリチャイ | Main | プラジャークのベートーヴェン1 »