« ケーゲルのショスタコ5番、9番 | Main | ヴィレーンの劇音楽 »

サヴァールのボッケリーニ

7619986098456ボッケリーニ ギター五重奏曲第4番「ファンダンゴ」 シンフォニア第23番「グランデ」 シンフォニア第17番 弦楽五重奏曲第60番「マドリードの通りの夜の音楽」
サヴァール指揮 ル・コンセール・デ・ナシォン

ボッケリーニは、昨年が没後200年(1743~1805)。あまり話題になった記憶はないが、サヴァールの新録音が出た。

どの曲も、なかなかに素晴らしい。イタリア生まれでスペインで活躍したという略歴どおり、南欧系ともいうべき独特の明るさに満ちていて、それが強烈な個性になっている。「ファンダンゴ」は、終楽章でカスタネットが大活躍する(この演奏だけ?)。「グランデ」の第2楽章メヌエットの中間部、室内楽的編成になるところなども、それはそれは優雅に美しい。「マドリードの通りの夜の音楽」は、現代曲かと思うほど、独創的な曲。表題からして、こんな雰囲気かな、と想像するのも楽しい。

サヴァールがスペイン出身なだけに、この作曲家にも特別な思いもあることだろう。雰囲気たっぷりな素晴らしい演奏。

|

« ケーゲルのショスタコ5番、9番 | Main | ヴィレーンの劇音楽 »

「2 古典派」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37863/8608579

Listed below are links to weblogs that reference サヴァールのボッケリーニ:

« ケーゲルのショスタコ5番、9番 | Main | ヴィレーンの劇音楽 »