« ソコロフのフーガの技法 | Main | ロストロのドヴォルザークとシューマン »

ロストロのプロコ、ミャス

img6tプロコフィエフ 交響的協奏曲 ミャスコフスキー チェロ協奏曲
ロストロポーヴィチ(vc) コンドラシン指揮 モスクワ・フィル

ロストロポーヴィチのソ連時代の録音がブリリアントからボックスセットになってリリース。その1枚目。

どちらも1972年のライブ録音。モノラルで音質は今ひとつ。

個人的には、プロコフィエフのこの作品、どちらかというと苦手なのだけど、この演奏は、これまで聴いた中でもっとも納得できた演奏。コンドラシンの快速テンポがすっきりと曲全体をまとめていて、見通しがよい。ロストロもオケもテンポの速さについていけず弾きとばしているところがないわけではないが、ライブならではの感興も相俟って、魅力的な演奏に仕上がっている。

ミャスコフスキーは、おそらくロストロも好きな作品だろう。冒頭の深々とした音色の歌から、作品への共感がしっかりと伝わってくる。ここでもコンドラシンの指揮が過度に情感に流されるのを避け、うまくコントロールしている。録音が悪く、オケがあまり聴こえない箇所もあるのが、惜しい。

|

« ソコロフのフーガの技法 | Main | ロストロのドヴォルザークとシューマン »

「7 ロシア(近現代)」カテゴリの記事

Comments

I'm not sure where you're getting your information, but good topic. I needs to spend some time learning much more or understanding more. Thanks for magnificent info I was looking for this information for my mission.

Posted by: free fifa 15 coins | June 06, 2015 at 12:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37863/8075498

Listed below are links to weblogs that reference ロストロのプロコ、ミャス:

« ソコロフのフーガの技法 | Main | ロストロのドヴォルザークとシューマン »