« ロストロの死者の歌 | Main | アンドレイ・ペトロフ »

ヴェクレのプラッゲなど

2L25ホルンのための作品集
プラッゲ ラーガ ユニコーン ホルンソナタ第4番

ベルゲ 三重奏曲 (3本のホルンのための)
マドセン ホルン三重奏曲
クヴァンダル 賛美歌の調べ
クリアフィールド ハヤブサの目の中に

ヴェクレ、マッティンセン、フォード (hr) プラッゲ、アスポース、クリアフィールド (p)  スポンベルグ (vn)

2Lからリリースされたヴェクレのホルン作品集。プラッゲがメインだが、ヴァラエティに富んでいる。

プラッゲ作品のうち、「ラーガ」は2本のホルンとピアノのための作品で、プラッゲらしい怪しげな響きが面白い。「ユニコーン」はホルン独奏曲。「ホルン・ソナタ」は、中世の旋律をもとにした曲。なんともいえない浮遊感は、プラッゲ・ワールドというほかないか。
ベルゲは、1929年生まれのノルウェーの作曲家。「三重奏曲」は平易で楽しい曲。
マドセンのトリオは、ブラームスのホルン・トリオと同じ編成。この作曲家らしい、伸びやかで分かりやすいメロディが魅力的。クヴァンダルのホルン独奏作品は、どことなく懐かしい響き。
クリアフィールドは、1960年生まれのアメリカの作曲家。2本のホルンとピアノのための作品で、2本のホルンの交錯する響きを生かしたかっこいい作品。

マッティンセン、フォードともヴェクレのお弟子さんのようだが、前者はオスロ・フィルの上吹き、後者はイェテボリの首席というから、現代北欧を代表する奏者の揃い踏み。響きの同質性も曲とうまくあっており、楽しいアルバムに仕上がっている。

|

« ロストロの死者の歌 | Main | アンドレイ・ペトロフ »

5 北欧」カテゴリの記事

他の作曲家」カテゴリの記事

4 近現代(除・北欧、ロシア)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヴェクレのプラッゲなど:

« ロストロの死者の歌 | Main | アンドレイ・ペトロフ »