« ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲 | Main | カントロフのショスタコーヴィチ »

ノルウェーのホルン協奏曲

プラッゲ マドセン ニューステット ホルン協奏曲
ヴェクレ(Hr) ルード指揮トロンハイム響

20世紀のノルウェーの作曲家3人のホルン協奏曲が
1枚のCDで聴けるうれしいCD。
しかも大好きなヴェクレの演奏とあって即購入。

1960年生のプラッゲ、1940年生のマドセン、
1915年生のニューステットと、世代が異なる。
どれも伝統的な語法による分かりやすい作品で、
しかも3者3様の個性が楽しめる。

打楽器の多様が面白いニューステット、
美しいメロディが見事なマドセンも良いが、
このCDでの聴きものは、プラッゲだ。
オケの編成が、弦楽合奏とオーボエとティンパニという
比較的小さいものだが、ティンパニが大活躍するので、
ダイナミックな印象を与える。
第1楽章の冒頭から、
カッコいい勢いのある主題に引きずり込まれる。
第2楽章の中間部に出てくるホルンの上向音型は面白いし、
終楽章もリズミカルで迫力があって、
とても気持ちよく聴ける音楽に仕上がっている。
比較的若い作曲家だが、割と録音はあるらしく、
注目してみようと思う。

ホルンを演奏するのは、ノルウェーの名手ヴェクレ女史。
現役のホルン吹きの中では私が最も好きな人の一人。
透明感のある柔らかい音色、
フォルテの時の突き抜けるような響きは、実に魅力的。
この人、レニングラードフィルの往年の名手、
ブヤノフスキーに学んだとのことであるが、
この師の音に非常に近いものを感じる。
今や唯一の後継者と言えるのではないか。

|

« ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲 | Main | カントロフのショスタコーヴィチ »

5 北欧」カテゴリの記事

Comments

Wow, this article is fastidious, my sister is analyzing such things, therefore I am going to let know her.

Posted by: http://www.pinterest.com/pin/516084438521114273 | January 17, 2015 01:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ノルウェーのホルン協奏曲:

« ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲 | Main | カントロフのショスタコーヴィチ »