« コンドラシンのヴァインベルク | Main | モーツァルトの自動オルガンのための幻想曲 »

ハフナー・セレナーデ

4006408493686モーツァルト セレナード第7番「ハフナー」KV250 行進曲KV249
ヴェーグ指揮 カメラータ・アカデミカ

ヴェーグ・ボックスの8枚目。

この曲もはじめて聴く曲だが、名前が通っているだけあって、素晴らしい作品。というか、これ以前の作品から格段にレベルアップしている。楽想が豊かであり、1時間近くかかる曲、全く間然とするところがない。独奏楽器の扱い方、管楽器の扱い方、とても魅力的。これまでこんな良い曲を知らずに生きてきたのが悔しいくらい。おそらく、このボックスの中でも今後よく取り出す1枚になりそう。

他の演奏も聴いてみたいところだが、ヴェーグ盤を初めに聴いてしまったのが幸か不幸か、これ以上の演奏があるとは思えない程の演奏。これに匹敵する演奏があったら、是非教えて欲しい。

この曲の演奏者の入退場のために作曲された行進曲が併録されている。このCDでは、セレナードのはじめと終わりにきちんと2度収録されている。しかし、この行進曲、いったい誰が演奏するんだ?

|

« コンドラシンのヴァインベルク | Main | モーツァルトの自動オルガンのための幻想曲 »

「2 古典派」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37863/2658415

Listed below are links to weblogs that reference ハフナー・セレナーデ:

« コンドラシンのヴァインベルク | Main | モーツァルトの自動オルガンのための幻想曲 »