« アイノラのシベリウス | Main | ボリス・チャイコフスキーのチェロソナタ »

ザルツブルクのカヴァコス

4011790629124ヨハン・シュターミツ シンフォニア第9番
ハイドン ヴァイオリン協奏曲第1番
ヘンツェ 弦楽のための幻想曲
モーツァルト 交響曲第38番「プラハ」

カヴァコス(指揮、Vn) カメラータ・アカデミカ

去年のザルツブルクで評判のライブとのこと。
カヴァコスと言えば、シベリウスのVn協奏曲の
初稿の録音で有名だけど、現行版の演奏だって、
素晴らしい演奏だと思うし、
少し前に出たラヴェルとエネスコのアルバム(ECM)だって、
素敵なアルバムだった。
要するに、私、この人が好きなのである。
独特の音色ですよね。

そのカヴァコスが、ヴェーグ師の遺産である
カメラータ・アカデミカに指揮者で登場というのだから、
これには飛びつかざるを得ない。

演奏だけど、見事と言うほかはない。
指揮のキャリアがどのくらいなのか知らないが、
自己主張が強く、オケへの要求も細かい。
「プラハ」など、少しやりすぎ感はあるけど、
これは時間が解決してくれるだろう。
シュターミツもヘンツェの曲の魅力を
存分に伝えてくれるが、
一番の聴き物は、ハイドンの弾き振りか。
オケもしっかりコントロールされていて、
ヴァイオリンも細かいところまで
よく考えられているし、
何より楽しげなのがよい。
実に爽快な演奏。

カヴァコスが第2のヴェーグとして
君臨する日も近い…かな?

|

« アイノラのシベリウス | Main | ボリス・チャイコフスキーのチェロソナタ »

「2 古典派」カテゴリの記事

「4 近現代(除・北欧、ロシア)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37863/1925063

Listed below are links to weblogs that reference ザルツブルクのカヴァコス:

« アイノラのシベリウス | Main | ボリス・チャイコフスキーのチェロソナタ »