« ハイドン 交響曲第96番 | Main | ペッテション初体験 »

ミャスコフスキー 交響曲第16番など

ミャスコフスキー 交響曲第16番 交響曲第18番 祝賀会序曲
           交響曲第2番 交響曲第13番 スラヴ狂詩曲

 スヴェトラーノフ指揮 ロシア国立交響楽団

 日曜日に東京出張。
 新幹線往復8時間、ミャス漬けでした。

 交響曲第16番は、4楽章形式の本格的な曲で、
 明るめの曲。
 第1楽章など、ミャスとは思えないくらい
 生き生きした旋律が印象的だし、
 第2楽章の甘い旋律も、なかなか魅力的。
 第3楽章が、突然葬送行進曲になって驚かされる。
 フィナーレが、これまたミャスでは珍しい、
 穏やかな曲調。
 各楽章とも分かりやすいが充実していて、
 評価したいのだけど、
 なにか、第3楽章だけ浮いているような気がするが、
 まあ、慣れてくれば気にならなくなるかな。

 交響曲第18番は、30分弱の軽めのこれまた明るい曲。
 急緩急の3楽章形式。
 ハイドン調というかなんというか、軽めの1楽章と3楽章。
 両楽章に挟まれた第2楽章なのだけど、
 全体の半分以上の長さを占めていて、
 この曲の緩徐楽章としてはバランスを失して
 巨大すぎるような感じがする。
 ということで、いまひとつ。

 祝賀会序曲は、10分ほどの小曲。
 このジャンルにはショスタコの祝典序曲という名曲があるが、
 まあ、ミャスにはショスタコみたいな器用さはない。
 明るく勢いのあるテーマ(交響曲第18番のテーマと似ている)が
 全曲に流れているが、繰り返し聴けるほどの曲じゃないかな。

 交響曲第2番は、おそらく第2楽章と第3楽章がつながった
 3楽章形式の曲。
 雰囲気としては第3番に近いものがあって、
 スクリャービン風の響きがそこここに出てくる。
 ただ、ロシア伝統的交響曲の流れも捨てがたいらしく、
 突然分かりやすいメロディが流れてきたりして、
 第2楽章の終わりなど、かなり美しかったりする。
 どっちつかずの中途半端な曲と見るか、
 あるいはミャス独自の世界を切り開いたと見るか。
 私は中途半端と見ますが…

 交響曲第13番は、20分ほどの単一楽章の曲で、
 実験的な作品。
 冒頭の怪しげな和音が全曲を貫くテーマとなる。
 ソロを多用し、室内楽的な響きが全体を覆う静謐な曲。
 ミャスの交響曲では特殊な曲だが、
 私は高く評価したい。
 もっともこの実験の成果が後にあったかどうかは?だが。

 スラヴ狂詩曲は、名前の通りスラヴっぽい旋律が並ぶ曲。
 冒頭の弦楽器のテーマはなかなか気品があり、
 一瞬、これはいいかも、と思わせるが、
 その後テンポアップして、あーあ、となってしまう。

 ミャス全も、残り1セット(4枚)まで来ました。
 

|

« ハイドン 交響曲第96番 | Main | ペッテション初体験 »

「7 ロシア(近現代)」カテゴリの記事

Comments

I am regular reader, how are you everybody? This piece of writing posted at this site is genuinely nice.

Posted by: BioMuscle XR | April 20, 2015 at 04:38 PM

Quality posts is the main to be a focus for the visitors to pay a quick visit the site, that's what this site is providing.

Posted by: garcinia cambogia diet free trial | May 16, 2015 at 05:53 PM

I was suggested this blog by my cousin. I am not sure whether this post is written by him as nobody else know such detailed about my difficulty. You are wonderful! Thanks!

Posted by: Aisha | May 16, 2015 at 06:16 PM

Howdy would you mind stating which blog platform you're working with? I'm going to start my own blog in the near future but I'm having a difficult time choosing between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal. The reason I ask is because your design and style seems different then most blogs and I'm looking for something completely unique. P.S My apologies for getting off-topic but I had to ask!

Posted by: money Loans | May 16, 2015 at 06:24 PM

Thank you a bunch for sharing this with all people you actually realize what you're talking approximately! Bookmarked. Please also seek advice from my site =). We will have a hyperlink alternate contract among us

Posted by: payday loans direct lenders only | May 16, 2015 at 07:05 PM

A person essentially lend a hand to make seriously articles I would state. That is the first time I frequented your web page and to this point? I amazed with the research you made to make this actual put up incredible. Excellent process!

Posted by: personal loans | May 16, 2015 at 09:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37863/904783

Listed below are links to weblogs that reference ミャスコフスキー 交響曲第16番など:

« ハイドン 交響曲第96番 | Main | ペッテション初体験 »