マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」

マスカーニ 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」

371_dsc_0036


マスカーニ(1863-1945)の代表作。1890年初演。ヴェリズモ・オペラの代表作とされている。何といっても「間奏曲」が有名だがオペラも人気作。マスカーニという人,一発屋かと思っていたが,確かにオペラはこれ以外に上演されることはほとんどないようだが,生前は,指揮者や教育者としてかなり活躍していたらしい。

この作品,間奏曲だけではなく,冒頭から美しいメロディの洪水。登場人物が庶民しか出てこないという設定も含めて,当時聴衆が熱狂したことがよく理解できる。1時間を超えるくらいの短い作品だが,充実度は高い。歌もすぐに覚えられそうな単純なものが多く,大衆向けオペラの傑作といった感じか。

チューリヒ歌劇場で2009年に上演されたものを見た。サントゥッツァ役のマロックが素晴らしい。やや声がヒステリック気味になるところも,この役にあっているような気がする。トゥッリッドゥ役のクーラはよく声が響く。少し軽い感じも悪くない。それから,合唱がとてもきれいなのもよい。

| | Comments (46) | TrackBack (0)

ドニゼッティ 「ランメルモールのルチア」

ドニゼッティ 歌劇「ランメルモールのルチア」

Img_07_4


最近は,NHKのオペラ放送を録画しておいて時間があるときに見ていることが多いが,これについても簡単な印象と基本知識をメモしておくことに。

「ランメルモールのルチア」は,19世紀前半のイタリアオペラ作曲家ドニゼッティ(1797-1848)の代表作(1835)。第2幕のルチアによる「狂乱の場」で知られるベルカントオペラの最高峰。

今回見たのは,2008年のMETのライブビューイング。スコットランドの暗いどんよりした雰囲気が一貫していて,ちょっと長く感じた。音楽もやや単調。でもドニゼッティは,こんなオペラを70作も書いているというのだから,そもそも凝った音楽をつけようという発想すらなかったのだろう。

ルチア役は,ネトレブコ。この人の声は,なんか鼻にかかたようなスッキリしない感じがして,個人的にはあまり好みでない。エンリーコ役のキーチェン,エドガルド役のベチャワはなかなか力強くてよかった。ほかのオペラで聴いてみたいところ。

| | Comments (93) | TrackBack (0)

最近のオペラ鑑賞

最近は,相変わらずオペラばっかり。DVDやCDを買ったり,BSの録画をしたりして貯めたものを繰り返して観ている。取りあえず,最近観たものの感想,印象を書き留めておく。初めてオペラを観た者の戯言ですのであまり真面目にとらないで。

モーツァルト 歌劇「魔笛」
DVDで,レヴァイン指揮ウィーン・フィルの1982年ザルツブルクの映像。このオペラ,今ひとつ入り込めない。筋がめちゃくちゃなのは我慢するとしても,なんか,説教くさくてイライラする。音楽自体も他のオペラ(フィガロとかドン・ジョヴァンニとか)と比べて,深みに乏しいような気が…。夜の女王のアリアだけは,楽しい。
そう言えば,モーツァルトのダ・ポンテ三部作は,どれも一番最後の曲が,みんな勢揃いして早口で説教をして終わるんだけど,そういう時代だったのかな。
CDでアバド指揮のヨーロッパ室内管のもの。スリムな音楽造りは新鮮だが,CDだと台詞部分が長く感じて疲れる。
この作品には,しばらくしたらまたチャレンジしてみます。

ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」
やはり,オペラを聴くからには,「指環」は聴いておかないと,と思い,無謀かと思いつつ,ブーレーズ指揮バイロイトのDVDを購入。これは面白かった。モーツァルトと違い,歌える「歌」がない,レチタティーヴォがないのが,なるほど,オペラはこうして進化していったのかと納得。ワーグナーもオペラで聴くと,オーケストラ部分の雄弁さが際立ちます。さて,指環全曲にたどり着くのはいつになることやら。

ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」
これは,NHKで放送していた,メトロポリタン歌劇場の舞台。「ラインの黄金」で自信をもって望んだが,これにはついていけなかった。「前奏曲と愛の死」のメロディがそこここで聴かれるので,最後まで聴き通せはしたが,長い…。
これも,またチャレンジ。

プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」
NHKで放送していた新国立劇場の舞台。日本人のオペラなんて,と勝手にあまり期待していなかったのが正直なところだったが,みんなよく頑張っているんですね。端役の弱さは致し方ないとしても,十分楽しめた。それにしてもプッチーニの音楽,豪華で雄弁。合唱をうまく使いますね。あまり深いことを考えずに声とオーケストラのご馳走に浸れます。ところで,「誰も寝てはならぬ」というのは,こういう場面だったんですね。オペラのアリアの題名が歌詞の冒頭の部分で呼ばれることは馴れればなんてことないのですが,どうしても寝てはいけないことが愛の歌なのか,普通に人にはさっぱりです。それにしても,歌えたら気持ちいいだろうな…。

プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」
ディアゴスティーニから2000円でおつりが来る,私のような初心者には実に嬉しい企画があって,その中にあった2004年のヴェローナの舞台。オーレンという人が指揮。これもそれなりに面白かったが,主役の蝶々夫人の比重が多きすぎるのと,話の筋が単純なところが個人的には少し物足りない感じ。プッチーニの音楽は相変わらず雄弁。終幕で,蝶々夫人が自刃する前にティンパニが連打されるところなんて,まさにこうこなくっちゃ,という感じです。

プッチーニ 歌劇「マノン・レスコー」
NHKで放送されたメトロポリタンの舞台。これ,どうなんでしょうか。プッチーニの出世作ということですが,「蝶々夫人」や「トゥーランドット」に比べると,ちょっと落ちるような気が…。今ひとつ楽しめなかった。

ブリテン 歌劇「ピーター・グライムズ」
これもNHKで放送されたメトロポリタンの舞台。これはもの凄い怖いオペラだ。もの凄い感銘を受けたのだが,見返すのも怖いくらい。群衆から疎外されてどんどん追いつめられていく主人公。民謡風の歌を群衆が次々と歌い出していくあたりなど,背筋が凍り付く。ブリテンの音楽は,なんかお高くとまっている感があって,これまでは馴染みきれない部分が多かったが,やはりこの人もオペラの人か。音楽が驚異的な表現力を持っている。

| | Comments (39) | TrackBack (0)

モーツァルト「コシ・ファン・トゥッテ」

モーツァルト 歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」

いわゆるダ・ポンテ三部作の最終作。私の周囲でも,モーツァルトのオペラと言えば「コシ」という意見が多く,極めればここにたどり着くらしい。早速聴いてみたが,何と言っても重唱の美しさに彩られたこの上なく上品な音楽。ドン・ジョヴァンニが少し狙い気味なのとは対照的。話の筋は,スワッピング・ゲームという必ずしも大人しいものではないのだが,登場人物は何故か基本的に穏やかな人たちばかりで,ドラマチックな場面は少ない大人のオペラ。それと元ホルン吹きとしてどうしても気になるのは,後半,フィオリディリージのアリア(ロンド)のところでホルンに要求される超絶技巧。協奏曲よりもはるかに難しいパッセージが何度も出てくるが,一体誰が吹くことを想定していたのだろうか。

Photo_7映像で観たのは,「魅惑のオペラ」シリーズのムーティが指揮するスカラ座の舞台。音楽の美しさをそのまま映像化したような雰囲気。ムーティの音楽も過不足なく楽しめる。                                                                                                                                                                                      
Photo_4CDで聴いたのは,まずはド・ビリー盤。若さ溢れる元気いっぱいの演奏。このオペラの上品さは,若干後退しているが,これはこれで一貫していてよい。                                                                                                                                                                                                                                                                  Photo_5それから,クイケン盤。古楽器演奏だが,比較的遅めのテンポの中,じっくりと落ち着いて聴かせてくれる演奏。歌手陣も充実しており,アンサンブルのバランスもとてもよい。                                                                                                                                                                        

Photo_6実は,圧倒的な感銘を受けたのは,マッケラスのChandos盤。オペラ・イン・イングリッシュ・シリーズの中の最新録音(2007年)で,当然,英語歌唱なので,おそらく一般的には英語圏以外では見向きもされないのかもしれないが,NMLにあったので聴きかじったところ,その豊かな音楽に一発でやられてしまった。これも古楽器使用だが,透明感の高い鮮烈な響きと活き活きしたリズム。オーケストラと歌唱陣の響きの絡みが絶妙。完璧です。

| | Comments (61) | TrackBack (0)

シュタイアーのモーツァルト

Photo_3モーツァルト 転調するプレリュードKV 284a ピアノ連弾ソナタKV.358 転調するプレリュードKV deest カデンツァ KV.624(626a) パイジェッロの歌劇『哲学者気取り』の『主に幸いあれ』による6つの変奏曲KV.398 前奏曲とフーガ ハ長調 KV.394 (383a) ショルンスハイムとシュタイアーによる即興演奏 ピアノ連弾ソナタKV.381 6つのドイツ舞曲KV.509(ピアノ連弾編曲版)
シュタイアー,ショルンスハイム(fp)
Harmonia mundi HMC901941

ハープシコードとフォルテピアノを組み合わせたという何とも不思議な楽器を使ったモーツァルトの4手作品集。解説に写真が入っているが,ピアノが向かい合っている奇妙な設計。2人で向かい合って連弾ができるという趣向なのだろう。モーツァルトもこの楽器に興味を示していたというから,全くのトンデモというわけではない。

肝心の楽器の音色だが,基本的にはハープシコードが音量的に優位で,音楽的も主導権を握っているよう。そこにフォルテピアノの柔らかい音色が時々前面に出て味付けを行っている感じ。映像があればもっと面白いと思うのだが,耳で違いを追っていくのも少し疲れるが面白い。

収録曲の中では,プレリュードがいくつか入っているが、これはモーツァルトの即興演奏を書き留めたものということだ。当時の即興演奏の雰囲気が分かるのが興味深い。他は,いずれも軽く短めの作品が集めてあって,モーツァルトの肩の力の抜けた音楽が楽しめる。

| | Comments (71) | TrackBack (0)

モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」

モーツァルト 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

フィガロに続いて観たのは,「ドン・ジョヴァンニ」。フィガロに比べて,登場人物のキャラが立っていて分かりやすいし,各場面も劇的な部分が多く,起伏に富んでいる。その分,繊細さ,細やかさでは,フィガロに一歩譲るような気もするが,それでもきちんと音楽を聴いていくと,やはり考え尽くされている(としか思えない)天才的な流れ。

登場人物で興味深いのは,オッターヴィオ。真面目に歌えば歌うほど,どんどん滑稽に見えてくる。はじめにアンナと復讐を誓っておきながら,成り行きにまかせようとか,当局に訴えようとか,自分では何にもせずに,最後はドン・ジョヴァンニの死を自分の手柄のように高らかに歌い上げるや,ドン・アンナからは振られてしまう(結婚を1年待つなんてことになっているが,1年後に結婚するとは私には考えがたい)。

PhotoDVDで観たのは,レヴァインが指揮するメトの舞台。メトの舞台はとかくオペラファンからは馬鹿にされているような印象があるが,その意味がよく分かったような気がする。健康的なレヴァインの音楽,ひねりのない豪華な舞台装置,初めてオペラに接する立場からすると,とても楽しめるのだが,要するに問題意識,創造性をほとんど感じさせないということだろう。でも,これはこれでいいもの。このDVDは,歌手が粒ぞろいでレベルが高いし,歌手達も束縛がないためか,思う存分に楽しそうに演技をしていて,観ていても気持ちいい。

Photo_2CDで聴いているのは,激安ボックスのド・ビリー盤。エッジの効いたクリアで元気のある音楽で,レヴァインののどかな音楽作りとは一線を画す。歌手陣にも不満がない。でも,この音楽とメトの舞台はおそらく似合わないんだろうな。映像のないCDのオペラの聴き方も楽しい悩みどころ。

| | Comments (340) | TrackBack (0)

モーツァルト「フィガロの結婚」

モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」

実は、ここ数ヶ月、モーツァルトのオペラばっかり聞いている。声楽をやっている方とお話しする機会があって、「オペラって何が面白いのかさっぱり分からん」と文句を言っていたところ、「つべこべ言わずに『フィガロ』を徹底的に聴け」と言われ、「おう、それなら聴いてやる」と、早速、店頭にあったCDとヤマハに並んでいた対訳本を購入して、聴き込みはじめたのが4月のこと。はじめのうちは、何言っているのか分からない外国語の歌はやっぱり退屈だな、と思っていたが、歌詞の意味と音楽とが身体に染みついてくるぐらい聴き込んでいくと、なんだ、これはめちゃくちゃ面白いじゃないか、モーツァルトの器楽曲なんてこれに比べればゴミみたいなものじゃないか、とまで思ってしまうほどはまってしまった次第。以来、遠出の車の中では大音量でアリアを聴き、東京出張の新幹線では、コンセントのあるN700系窓側席を確保し、隣席の視線を無視して行きも帰りもオペラのDVDを見続けるという、生活を送っている。

Hmv_2552454はじめに購入したのは、店頭の一番目立つところにおいてあった、アーノンクール盤のCD。あまり私と相性のよくない指揮者で、ここでも冒頭の序曲の気持ち悪いリズムに「失敗したか」と思ったが、そこから先は濃厚な表情付けも悪くなく、ウィーン・フィルの柔らかい響き、歌手のレベルも高く、大変立派な演奏。

Hmv_3522160次に購入したのは、アーノンクールと対照的なものを、と思い、値段の安さにも惹かれたマッケラス盤。キビキビとした快速の演奏で、ドタバタ喜劇の感じがよくでていて、これもいい。歌手たちは、アーノンクール盤と比べると皆軽めな印象だが、指揮者の方向とマッチしている。

714それから、これも徹底して安かった、ド・ビリー盤も購入。マッケラス同様、快速系の演奏だと思うが、少し上品なマッケラスに比べて、いい意味で荒々しく、これはこれで元気でよい。歌手については、誰が歌っているのか書いていないという酷い扱いで、中堅どころが歌っているようだが、みんな楽しそうで十分なレベル。

933声楽家さんからは「映像よりもCDで聞いた方がよい」と言われていたが、どうしても音だけではよく分からない箇所(第4幕、伯爵がケルビーノを殴ってフィガロがとばっちりを食う?)などがあり、またどうしても映像も見たくなって選んだのが、パッパーノ盤。これもエネルギッシュな舞台で面白い。CDだと脇役感があるバジリオやバルトロなども存在感がある。

ということで、しばらくオペラに浸かってみることになりそうです。

| | Comments (472) | TrackBack (0)

エッゲのピアノ協奏曲

Naxos8557834ノルウェー・ピアノ音楽集
ホーヴァル・ギムセ(p) オイヴィン・ギムセ指揮 トロンハイム・ソロイスツ
Naxos 8.557834

少し前にNaxosからリリースされたアルバム。ノルウェーのピアノ音楽と題されているが,エッゲの作品が中心となっている。オケを指揮しているのは,ギムセの弟。

はじめは,グリーグ25のノルウェーの民謡と踊りから第12番「ソルファーイェルと蛇と王様」が収録され,この主題を用いたエッゲピアノ協奏曲第2番(ノルウェー民謡による交響的変奏曲とフーガ)が続く。20分ほどの作品で,かなりダイナミックな曲。重心の低いオーケストレーションの中,時折聴かれる弦楽器のソロが美しい。特徴的なリズムが楽しいハリング幻想曲(3つの小品より)のあと,やはり20分を超える意欲作ピアノ・ソナタ第1番「夢の歌」。ここで聴かれるエッゲの3作品は,いずれもピアノの低音のごつごつした響きと力強いリズムが特徴。聴く方も体力を要する。エッゲの作品のあとは,ノルウェーの3人の作曲家の小品。ベルグノルウェーの踊り第2番「ホリン老人」フールム水彩画より「ミニアチュール」トヴェイト結婚式の鐘。それぞれ短い中にも個性が発揮されていて楽しい。

| | Comments (50) | TrackBack (0)

エウローパ・ガランテのボッケリーニ

Virgin_50999_212149_2_9ボッケリーニ 三重奏曲第20番ニ長調 G98, Op.14-4  四重奏曲第56番ハ短調 G214, Op.41-1 五重奏曲第91番ハ短調 G355, Op.45-1 六重奏曲第4番ヘ長調 G457,Op.23-4
エウローパ・ガランテ
Virgin Classics 2121492

最近わりとはまっているボッケリーニ。面白そうなアルバムがあったので購入。

エウローパ・ガランテは,ファビオ・ビオンディが中心となって結成されたアンサンブル。このアルバムを聴く限り,とても切れ味が鋭く,スタイリッシュで引き締まった演奏をする。ここでは,ボッケリーニの様々な編成の作品を短調作品を中心に集めており,演奏の方向性とあいまって背筋がピンと伸びるような真面目な1枚に仕上がっている。先日聴いたボッケリーニ四重奏団の演奏とは対照的。収録された曲の中では,小規模ながら魅力的な旋律にあふれている三重奏曲が気に入った。軽やかな演奏との相性もよい。

ちなみに先日紹介したアレア・アンサンブルのメンバーのロニョーニ(vn)とマルコッキ(va)がメンバーとして参加していてびっくり。

| | Comments (34) | TrackBack (0)

アレア・アンサンブルのモーツァルト

Mvcremona_mvc002008モーツァルト ヴァイオリン、ヴィオラとチェロのためのディヴェルティメント 変ホ長調 K.563
アレア・アンサンブル(アンドレア・ロニョーニ(Vn),ステファノ・マルコッキ(Va),マルコ・フレッツァート(Vc))
MV Cremona MVC002-008

アリアCDさんでお勧めされていたイタリア・クレモナの小レーベルMV Cremona。クレモナの楽器工房が仲間の音楽家を集めてCDを製作しているらしい。その中にモーツァルトのK.563があったので,注文。

古楽器による演奏で,楽器の音色がつややかで伸びやかで気持ちいい。残響をうまく取り入れた録音も秀逸で,いかにも弦楽器の音色を愛する人たちが作ったアルバムといった感じが楽しい。演奏も技術的にキレキレというわけではないが安定して豊かな歌を聴かせてくれる。この精緻な作品を真面目に聴かせようとするあまり,ディベルティメントという作品に与えられた名称を忘れてしまうような演奏も多いような気がするが,ここでは気の知れた仲間が集まって晩年のモーツァルトの世界を素直に楽しんでいるような風情がとてもよい。

| | Comments (76) | TrackBack (0)

«ハイドンの協奏曲(シュタイアー)